iPhoneをできるだけ充電せずに長く使う方法

画面表示と通信機能の2つの設定をカスタマイズする方法があります。

初期設定ではすべてのユーザーが快適に使えるような設定になっているため、不要な設定をオフにすればよい。

当然、設定をオフにすると使えなくなる機能があるので、本当に不要な設定か見極めてオフにしよう。

使い勝手を犠牲にしてまで節電したところで、iPhoneそのものが使えなければ意味がありません。

可能なら、今から紹介するポイントを1つずつ実際に試してみることをオススメします。

快適さを検証しながら自分にあった設定を見つけるのが節電の近道です。

(1)自動ロックの時間を短めに。
自動ロックの時間は短くすることでバッテリーの消費をおさえられます。

(2)ディスプレイの明るさは控えめに
ディスプレイは明るければ明るい程バッテリーを消費しますのでなるべく
暗めの設定を

(3)なるべく壁紙は設定の画面からの静止画の壁紙を選択

(4)位置情報サービスはオフにする
アイフォンがなくなった場合はとても便利なサービスですので
なくさない自信がある方にオススメ!

(5)通知設定をみなおす
通知センターの通知をOFFに

(6)イコライザをOFFにする
ミュージック設定画面からの重低音などを楽しむ昨日ですが
重低音はバッテリーの消費がかかるためOFF設定に

(7)バックグラウンドのアプリを消す
こちらは一般的ですが
たくさんのアプリを開いているとバッテリーの消耗も早いので
ホームボタンを2回クリックして起動しているアプリをスワイプさせ不要な
アプリを終了させて下さい。

節電をする事ですこしでも長くiPhoneの使用が可能となります。

万が一アイフォンを充電してもたまらない場合などはドックコネクターかバッテリーの交換を

オススメ致します。

修理のご用命はIFC名古屋栄・矢場町店

アイエフシー名古屋栄・矢場町店へ

お気軽にご相談下さいませ。

052-238-0600

愛知県名古屋市中区栄5-19-31

T&Mビル3F

http://iphoneyabacho.com

コメントは受け付けていません。