iPhone修理 近接センサーの不良について
あまり大体的な修理ではありませんが近接センサーとは画面上部に位置する
センサーでありiPhoneを使用する中で不具合がおきてしまうと大変通話が困難となってしまいます。
地味な機能ではありますが電話する中でとても重要な役割をする機能となります。
着信があり端末を耳にあてた際にこの近接センサーという機能が反応をし通話中に画面を耳で押して
誤作動をおこさせない為に画面を暗くして顔でタッチを間違って押せないようになっております。一度気になってしまうと通話がとても不便です。
この機能が反応しない場合、通話中にいきなり顔などで押してしまいスピーカーや消音などにしてしまったり、通話中にキャンセルしてしまったりと
とても不便となります。
この機能をチェックする場合ホームボタンの長押し→画面上部に手をかざすことにより確認ができます。
手をかざした際に暗くなれば近接センサーは反応している状態となります。
手をかざした際に暗くならない場合は近接センサーが不良の状態となります。
強制リセットで不具合を改善する場合もありますが改善されない場合はパーツの交換が必要となります。
落下などによる内部の損傷の場合もあります。
通話中に耳や顔などでボタンを押してしまうなどのトラブルはIFC名古屋栄•矢場町店までご連絡下さいませ。

IFC名古屋栄•矢場町店
名古屋市中区栄5-13-10
T&Mビル3F
052-238-0600まで
お気軽にお問い合わせ下さいませ。

コメントは受け付けていません。